丸亀商工会議所
会議所の概要
 トップページ
  融資関係
  記帳・税務
  経営安定特別相談室
  労働保険事務代行
  定期相談日程
  JANコード
  貿易関係証明
  リサイクル
  電子認証
  小規模企業振興委員
  助成金







トップ > 経営相談 > 記帳から決算・申告まで
記帳から決算・申告まで

帳簿のつけ方・節税の方法
商工相談所では、現金出納帳・売上帳・仕入帳・経費帳の記帳のお手伝いしています。経費科目の設定が不安だ、帳簿記帳を見てもらいたい、決算書のまとめ方がわからない、など記帳全般に不安をお持ちの方ご相談下さい。


◆指導の種類
・記帳継続指導
帳簿のイロハから決算、税務申告まで
新規に青色申告をはじめられる方々に、記帳能力を身につけていただくための指導をいたしております。
・記帳代行(機械化)指導
記帳継続指導に加え、当所の会計ソフトで事務代行し、記帳にかかる時間・手間が大幅に短縮されるなど、多くのメリット があります。
損益計算書、貸借対照表を作成し65万円の青色申告特別控除が受けられます。
◆対象者
・個人事業者で、現在税理士等の指導を受けていない方
・従業員が20人以下の方(商業・サービス業は5人以下)
・納税地が丸亀税務署管内の方
◆手数料(消費税は別途必要)
・記帳継続指導
・記帳代行(機械化)指導
年額
年額
無料
36,000円
・その他決算代行手数料として3,000円を別途徴収します。

青色申告とは
青色申告とは、毎月の取引をきちんと帳簿につけ、その帳簿に基づいて正確に所得や税額を申告する人は、税金の面でいろいろな特典が受けられる制度です。
青色申告できる人は、(1)事業所得(商工業、サービス業などの営業や農業、自由業などの事業による所得)(2)不動産所得(土地や建物などの不動産や、船舶などの貸付による所得)(3)山林所得(山林の伐採や譲渡による所得)のある人です。
青色申告をはじめられる方は、青色申告をしようとする年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を税務署に提出して下さい。むずかしい手続きはいりません。
帳簿の記入をむずかしく考えないように・・・・・
青色申告をするからといって、一般の場合は、別にむずかしい帳簿をつける必要はありません。簡単な「簡易帳簿」でいいのです。そして帳簿をきちんとつけておくことが、正確な決算、節税になるのです。

青色申告の主な特典
●青色専従者給与
事業主と生計を共にしている妻や15歳以上の親族でもっぱらその事業に従事している人に支払った給与は、全額必要経費になります。
●貸倒引当金
年末の売掛金や貸付金5.5%(金融業は3.3%)までの額を貸倒引当金として、必要経費にすることができます。
●青色申告特別控除
青色申告をしている人で、正規の簿記の原則により記帳している人は、決算書に貸借対照表を記載している場合、所得の範囲内で65万円の控除、それ以外の青色申告者は10万円の控除が受けられます。
●純損失の繰り越し繰り戻し
事業所得などに損失が出たとき、その損失額を翌年以降3年間にわたって、順次各年の所得から差し引くことができます。また、前年も青色申告をしている人は、損失額を前年の所得から控除し、既に納付している前年分の所得税の還元を受けることもできます。
●その他
機械等の特別償却、税務署の推計課税を受けないなどの特典もあります。
☆丸亀青色申告会のご案内

経理・税務のリンク
国税庁タックスアンサー(税金相談)
税の学習コーナー
ジャンルで選べる税金ガイドWeb-TAX-TV
国税電子申告・納税システム(e-Tax)
消費税ガイド

Copyright(C) 2005- The Marugme Chamber of Commerce and Industry.All rights reserved.